感染症研究室

インフルエンザ・風邪・ノロウイルスなど感染症予防方法

子供が大人に比べてインフルエンザにかかりやすいのはなぜ?



Sponsored link






子供が大人に比べてインフルエンザにかかりやすいのはなぜでしょうか?



子供はインフルエンザにかかった経験が少なくて免疫が少ないため。



人は生まれた時は免疫は備わっておらず、免疫は獲得していくものなのです。



この、感染や予防接種にとって得る免疫のことを獲得免疫と呼びます。



子供のころのうちに、色々なものに感染することによって、様々な免疫が備わってきて、感染しにくくなります。



では、子供のころに獲得した免疫はどれくらい持続するのでしょうか?



一例として2009年に流行した新型インフルエンザは、1900年代初頭に流行し、約4000万人の志望者をだしたスペイン風邪のウイルスに非常に似ていました。



2009年に80~90代の人は当時の流行の免疫が残っていたため、高齢者で亡くなった方は非常に少なかったのでした。










Sponsored link


 - インフルエンザ