感染症研究室

インフルエンザ・風邪・ノロウイルスなど感染症予防方法

冬にインフルエンザが流行する理由とは



Sponsored link





冬にインフルエンザが流行する理由とは、どうしてでしょうか?

①空気の乾燥

インフルエンザは乾燥状態を好み、ウイルスが長生きしやすい状態になります。

そして、のどが乾燥すると、ウイルスの防御機能が低下します。


②ウイルスの増殖に適した温度

温度15?18℃以下の低温を好むものが多い。


③日照時間が短いから

どうして、日光にあまり当たらなくなると、インフルエンザに感染しやすくなるのでしょうか。

それは、体内でビタミンDが作られにくくなるため。

ビタミンDは皮膚が太陽の光に当たることで活性化し、粘膜や白血球の中にウイルスを倒す抗菌ペプチドが作られます。

結核の治療薬が誕生する前は、日光浴が結核の治療の1つとされていました。

では、紫外線は浴びすぎると危険といわれていますが、どれくらい日光にあたればいいのでしょうか?

→1日20分~30分程度、手だけの日光浴でもビタミンDが活性化されます。

ビタミンDを多く含む、しいたけなどの食品を積極的とるのもおすすめです。







Sponsored link


 - インフルエンザ