感染症研究室

インフルエンザ・風邪・ノロウイルスなど感染症予防方法

腸管出血性大腸菌O157の予防法



Sponsored link





腸管出血性大腸菌O157の感染経路と予防法

腸管出血性大腸菌O157は、主に牛の腸の中や人の便、それらに汚染された水の中にいて、人の体に移動していきます。

腸管出血性大腸菌O157の原因となる主な食品は肉類と、肉の加工品です。
レバ刺しや、焼肉、ハンバーグ、ローストビーフなど加熱が不足しているものがほとんどです。

腸管出血性大腸菌O157は、熱に弱いからです。

肉についている菌が野菜などほかの食品に移ることがあります。

料理の際は、肉、野菜など食材を変えるごとに包丁や手を洗う。

焼肉の際は、肉を焼く用の箸と食べる箸を分けるなど、注意をしましょう。


 腸管出血性大腸菌O157の予防法まとめ
・熱に弱いので食材にしっかりと火を通す。
・調理の際は、肉を切った後の包丁、手をよく洗う。
・焼肉の際は、食べる用と焼く用の箸を分ける。








Sponsored link


 - O157(腸管出血性大腸菌), 食中毒