感染症研究室

インフルエンザ・風邪・ノロウイルスなど感染症予防方法

2日目のカレーは食中毒の危険性が!カレーによるウェルシュ菌食中毒の予防法、症状



Sponsored link





ほとんどの菌は加熱すると死ぬがウェルシュ菌はカレーを煮ても死なな

ウェルシュ菌は動物の腸内や土の中にいて、ジャガイモや人参などのついていることがあり、カレーなどに混入することがあります。

少量であれば問題ないのですが、作ったままカレーの鍋をコンロの上などに置いておくと、熱に強い芽胞という殻を作りはじめます。

カレーの温度が下がってきて50℃くらいに下がってくると、閉じこもっていたウェルシュ菌が芽胞から出てきて活動を始めます

45℃くらいになると一番旺盛に増殖して10分に1回分裂し、なんと2日まで置いておくと約200兆個ぐらいに増えてしまうのです。

こうなると、食中毒のリスクが非常に高い状態です。


ウェルシュ菌の増殖を抑えるにはどうすればいいのでしょうか。

細菌は10℃以下ではほとんど活動しないので、すぐに10℃以下に冷やして、菌の増殖を抑える

タッパーなど小分けにすれば冷めるのが早くなります。

冷めたらすぐに冷蔵庫に入れましょう。

そして、再加熱の際によく温めましょう。

ウェルシュ菌は酸素に弱いので、鍋をよくかき混ぜて酸素に触れさせると菌が死滅します。


ウェルシュ菌のよる食中毒の潜伏期間

6時間から18時間

喫食後24時間以降に発病することはほとんどありません。


症状

主な症状は腹痛と水様性の下痢、

症状は一般的に軽く、1~2日で回復します







Sponsored link


 - 食中毒